漱石の『永日小品』


漱石の『永日小品』




夏目漱石の『永日小品』を読み返しました。

五回ほど読んだでしょうか。前回は2010.10に読んだというメモが書いてありました。



1909(明治42)年の作品で、『三四郎』と『それから』の間に執筆されたものです。



25の小品からなっており、そこにはー



身辺に題材をとった、日常を描いた随筆風小品、

ロンドン留学時代を回想したもの、

青少年期の体験を回顧した小品、

実験的な手法が多く用いられた短編小説と呼ぶべき作品、



などが、含まれています。


解説には「ロンドン留学時代を回想したものなど短編小説からエッセイまで、漱石のさまざまなアプローチの掌編を味わえる」とあります。





『猫』や『坊ちゃん』、『三四郎』に比べて、また『夢十夜』に比べても読者は少ないでしょうが、興味ある内容が、あっちへ飛び、こっちへ来るといった具合に飛び出してきます。









そのなかに「猫の墓」というのがあります。あの有名な「名前のない猫」の最後を書いているのです。

弱っていく猫を突き放しているようでもありますが、深い愛情が根底に潜んでいるのが、行間から伝わってきます。



漱石は買ってきた墓標に「猫の墓」と書いてから、「この下に稲妻起きる宵あらん」と、一句をしたためているのです。



猫の命日には、妻がきっと一切れの鮭と、鰹節をかけた一杯の飯を墓の前に備えたとも書いています。



『吾輩は猫である』で世に出た漱石には、猫への思いやりがひとしおだったのでしょう。



2年ほど前に、早稲田南町にできた「漱石山房記念館」の庭には、確か猫の墓があったように覚えています。





中でちょっと意表を突かれたのが「モナリサ」でした。

「井深は役所へ行って、モナリサとは何だといって、皆に聞いた。しかし誰も分からなかった。じゃダビンチとは何だ尋ねたが、やっぱり誰も分からなかった」。



100年ほど前には、ダビンチはあまり知られていなかったことがわかりました。いわれてみるとやっぱりかと思いますが、それにしてもという感じもします。


漱石は何げなく書いたのかもしれませんが、今読むと、へぇー、ダビンチがと、時の流れを思ってしまいます。

コメント