「コロナよりも怖いのは人間だった」


「コロナよりも怖いのは人間だった」



こんな言葉を、月曜のYAHOOニュースで見ました。



「コロナよりも怖いのは人間だった」。

これはドラッグストアの店員が語る恐怖の体験です。



店にきて、品切れ状態のマスクやトイレットペーパーを求める人たちの怖さを述べる店員の言葉です。是非読んでみてください。









これをみて、私が読んでいる江戸時代の『三州奇談』にある話を思い出しました。





「怪物は昔から人が怖がるのを知っているので、すりこぎは擂鉢をかぶり、目鼻や手足をつけて、まず人に似せる。

煙管が急に尺八に化けても、それだけではなんにもならない。

すべてのものは、まず目鼻をつけて人に似せるからこそ、人をおどかすことができるのだ。



したがって、人ほど恐ろしいものはないという話は、怪物にとってはたいそう古くからいわれることで、いうまでもなく明らかなことだ」(巻之二 「非無鬼論」)





「世のなかにいろいろな怪物があるけれども、なんといっても恐ろしいのは人間である」と、奇談には皮肉を込めて、このように言っている一節があるのです。





「コロナよりも怖いのは人間だった」、という言葉を目にして、真っ先にこの奇談の言葉を思い出したのです。





現在、最も怖いのはコロナウイルスです。

それより怖いのは人間だということがないよう。

店員さんは一生懸命やっており、瑕疵がないのです。

先人は、人間をよく観察していました。

コメント