金沢 賑わい回復


金沢 賑わい回復




金沢駅の商業施設がリニュアルオープンしたというので、散歩がてらみてきました。



といっても、ほとんどが若い女性向きの店ばかりなので、立ち止まっていると不審者に見られはしまいか(笑)と思い、さっと通り抜けるだけでした。



各店ともに明るい春の色で溢れていて、気持ちも軽くなってくるようでした。



このところ閑散とした金沢駅でしたが、三連休ということもあり、かなりの人が行き交っていて、賑わいが回復していました。



レンタルの着物姿の女性は、以前より多いくらい、また男女ペアの着物姿もよく目にしました。






そのほとんどの人が、日本語で話しているのが、ちょっと不思議に感じました。



1月頃、あるいは2月中旬ごろまでは、日本人かなと思ってみていると、大部分が中国語や韓国語で話しているので、ようやく違いが判るのでした。顔を見ただけでは日本人と同じにみえています。



加えて白人も数多く金沢の町を歩いていて、通りはインバウンドの人であふれていたものでした。



やっと少し人通りが増えてきましたが、道行く人が日本語で話しているのを聞くと、かえって何か違和感のようなものを感じてしまいました。

きっと、京都の町もこれに近い感覚ではないかと思います。



町の賑わいはやや戻りましたが、大勢の外国の人々が金沢にやってくるのは、いつのことになるのか、想像もつきません。



今年の秋までにはどうか、無理かもしれません。



そういえば、そのころになるとオリンピックの時期が過ぎています。

はたして、開催できるのかどうか、だんだん外堀を埋められつつある状況のようです。

延期や中止になってしまうと、大きな火が消えてしまうような気持ちになってしまいます。

コメント