加賀 松任のあんころもち


閑散とした金沢駅




3月に入って北陸新幹線の利用者が、前年同期比で半分以下の54%減になったという報道がありました。



午前10時頃、金沢駅まで行ってきました。







駅前の鼓門、もてなしドームのあたり、いつもは記念撮影をする観光客で賑わっていますが、行き交う人はまばらでした。



横のタクシー乗り場には、客待ちのタクシーでいっぱいでした。







駅のコンコースの乗降客も、いつもよりずっと少なめでした。



どこより、土産物売り場がある「あんと」の買い物客の少なさには驚きました。売り上げは大幅減になっていることでしょう。



こうした状況が続くとどうなってしまうのか、先行きが思いやられます。






甘いものが欲しくなり、松任・圓八のあんころを一つ買いました。

大好物で、年間何回か食べたくなるのです。

あんこの甘さ加減と、餅の柔らかさ加減が絶妙で、どこのあんころ餅より好きな一品です。






説明書きによると、なんでも、創業は天文2年(1737)とありました。

このあんころ餅には“天狗伝説”があり、その昔、天狗があんころのレシピを教えてくれたというエピソードに始まっています。そのため、圓八の家紋は天狗の扇です。





3000歩ほどの散歩でした。勿論マスクをつけてー

コメント