春分の日



 春分の日




近所に買い物に出かけると、日の丸の旗が目に入りました。



それをみて春分の日だと気づきました。



最近は、祝日に国旗を出している家をほとんど見かけません。



出ていた国旗が新しかったので、白地に赤がくっきりと際立っていました。





春分の日は昼と夜の長さがほぼ等しくなり、この日を境に太陽が上っている時間が長くなっていく為に昔から「極楽浄土とこの世が最も近くなる日」ともいわれてきました。

その為春のお彼岸にはお墓参りに行くという風習も残っており、私も出かけます。



長かった夜が短くなりはじめる境目であるのが春分の日です。









その連想で、一陽来復という言葉を思い出しました。



一陽来復とは―

1 《易(えき)で、陰暦10月に陰がきわまって11月の冬至に陽が初めて生じることから》陰暦11月。または、冬至。《季 冬》

2 冬が去り春が来ること。新年が来ること。「一陽来復の春」

3 悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと。「一陽来復を願う」



本来は冬至のときに使う言葉ですが、「悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと」の意味もあります。



大変な災難に見舞われているいまこそ、この一陽来復を願いたいものです。


コメント