新 奇談の犬たち 「家狗の霊妙」(『三州奇談』)その2 元禄卯辰山の山崩れ




奇談の犬たち 「家狗の霊妙」(『三州奇談』)その2 元禄卯辰山の山崩れ





「家狗の霊妙」のなかで犬が発揮する霊力、はじめの話は災難を予知する犬です。



この話は、金沢城下の家士の飼い犬が山崩れを予知し、主人夫婦が難を逃れたというものです。

犬の予知により、飼い主の夫婦が家を立ち退いたのは元禄121222日で、翌23日に茶臼山が崩れ、夢告のとおり大災害が発生したのです。



山崩れで浅野川が埋まり、犬の飼い主・喜兵衛の隣りの家まで85軒が被害にあい、男女30人余が圧死、洪水は浅野川左岸に広がり材木町まで浸水したというのです。









この茶臼山というのは、現在の卯辰山の別称。


卯辰山は、金沢城下の東方に位置する標高141メートルの山で、通称向山と呼ばれ、また臥龍山・夢香山・茶臼山と称されました。卯辰山の山中には、観音山・愛宕山・摩利支天・毘沙門山などの小山がありました。




卯辰山の麓をかすめるように、浅野川が北流しています。

浅野川は金沢南東部山間に源流があり、北西へ流れて犀川の北方を並行して流れており、卯辰山と小立野台の間を通りぬけています。




のちにあるように、近世の浅野川は洪水が相次ぎ、卯辰山は軟弱な地質であったため、たびたび山崩れが発生しました。





『石川県災異誌』には、卯辰山の山崩れが7件残されています。

加賀藩で災異誌に記載された山崩れは9件で、うち卯辰山周辺が7件、さらに元禄期に3度が集中しておきています。

このうち元禄12年の山崩れが、奇談が述べる災害と一致しており、死傷者数や損壊家屋からみて、藩政期で最大規模の山崩れでありました。




史料と奇談にみる被害は、死者31人はほぼ同じですが、人家の全壊が奇談は85軒、史料は数100軒とあります。


山崩れは、高さ10間余、長さ100間余(高さ30メートル、幅200メート)の規模で、浅野川を埋め、対岸の人家の上まで押しつぶしました。

これにより浅野川が堰き止められ水害が発生し、水は川の左岸の材木町方面に流れこみ、損壊する家も多かったのです 。 






ここで卯辰山の元禄12年山崩れ前後の災害をみてみます。

元禄2年(1689716日には、先の災害地付近で山崩れがあった。観音山が崩れ、浅野川河中に新山が出来(「政隣記」)、また茶臼山雷鳴の如く崩れ、谷を埋め河原へ突出し、水を堰き止め乞食三人が死亡した(「参議公年表」)とあります。観音山とあることから、元禄12年の現場より、やや下流と考えられます。



このあと元禄13年(170022日にも、また同じところが崩れましたが、前年より大規模でしたが、死傷者はありませんでした(「政隣記」)。

ただし新川筋を埋め、再び材木町辺まで水没し、人々は難儀しました(「聞書」)。

復旧工事用の船、24艘が土砂により破損し、その代金を川堀奉行が申請した(「前田貞親手記」)記録があります。同年3月、ようやく浅野川の疎通工事が完了し、前田対馬守が巡検しました(「政隣記」)。




これ以後、卯辰山のこの地を崩れ山と呼ぶようになり、それは卯辰茶臼山の続き、観音の出崎の山だとしています(『金沢古蹟志』)。崩れ山といわれるくらい、たびたび災害が発生したのです。







さて奇談に名のある田原喜兵衛は、成瀬氏の家士でありました。

成瀬内蔵助は八千石の人持組で、居所は小立野・八坂に続く高台にありました。

「其の体甚だ美々しく、実に城郭の如く見ゆ。故に俗に材木町の小城とよべり」(『金沢古蹟志』)。喜兵衛はこれをしたから見上げる場所の、浅野川近くに住いしていました。



この災害で、喜兵衛の隣りに住んでいた二〇〇石・塚本左内の家までが、打ちつぶされたとあります。

調べてみると、この左内は実在の人物で、元禄13年没に亡くなっています。父助進は藩主微妙公(前田利常)に仕え、祖父猪右衛門は四百石で高徳公(利家)に、のち横山長知に仕えたとあります(『石川県史料近世篇』諸士系譜)。





奇談では左内の安否には触れていませんが、政隣記によると「組外塚本左内・御大工中村久太夫・御細工人加藤仁兵衛圧死。其外御扶持人大工小右衛門等也」とあり、左内は現六十二年の山崩れで亡くなり、遺体は翌24日の昼ごろようやく掘り出されたと記録に残っています。



この塚本左内の挿話は、奇談と史実がほとんど一致しています。

このように『三州奇談』に出てくる奇談は、単なる伝承ではなく、史実に基づいた話が多くあるのです。

 


このあと次回からは、「家狗の霊妙」に書かれている藩内各地の犬の不思議について、詳しくみていくことにします。

コメント