芥川賞受賞作 古川真人『背高泡立草』


芥川賞受賞作 古川真人『背高泡立草』




文藝春秋の20203月号を買ってきました。芥川賞を受賞した古川真人『背高泡立草』がのっているからです。



手元には芥川賞を受賞作を掲載した、文藝春秋の20169月号と20173月号があり、前者には村田紗耶香『コンビニ人間』、後者には山下澄人『しんせかい』が掲載されています。



ニュースで簡単な選評をみて、面白そうだと思うものがあった時、買っています。今回は久々ということになりました。






2日かけて読みましたが、よくわからないというのが感想です。

とくに芥川賞には難解なものがありますが、そうしたものとは違った意味の分からなさです。



九州の方言が頻繁に出てきて、それもその分かりにくさの一因でした。

また選評に「もう少し文章も刈り込んだ方がいいような気もした」というのがありましたが、言葉がべたついた感じで、私の好きな語り口ではありませんでした。



選評には「市井の一家のファミリーヒストリーと見せかけて、その土地自体を物語る手腕は高く評価したい。生い茂る草を刈るごとにスケールの大きな土地の物語が見えてくる」というのがありました。



この小説の読みかたとしては、この選評がぴったりしているように思えます。



ただ私には、その重層を理解することができなかったのです。





それより久々に文藝春秋を手にして、その内容の豊かさを改めて感じたものです。



20代のころには毎号読んでいたのですが、文春ならではの独特の文化が、底流に流れているようで、手にしてよかった、じっくり読んでみようという気持ちになりました。

コメント