現代語訳『三州奇談』 その5「中代の若狐」


現代語訳『三州奇談』 その5「中代の若狐」



堀麦水の『三州奇談』は、近世中期に成立した加越能の奇談集である。

今回はその5「中代の若狐」の現代語訳である。






[]

宝暦一〇年(一七六〇)、加賀大聖寺の大火の後、藩主が行った復興はすべてに広くいきわたり、町並みもおおよそ昔の姿に立ち戻った。

藩内のあちこちの山々の大木を、家の建築のあてるため、役人が立ち会い、藩主から人々に下賜された。町の人々も、この木を運び出すことに大忙しだった。



矢尾屋某の家にも知らせが来たので、拝領の材木を運ぶため下男を行かせたが、そのなかに吉兵衛という愚直なものがいた。

矢尾屋には、山中の奥、桂谷というところの木をいただくことになったので、はるばると中代繩手や黒瀬繩手を通っていくことになった。



三人は夜通しずっと歩き続けて、午前二時頃、縄手の道を迷いながら進んで行った。

そのとき、たまたま火縄の火がふっつりと消えてしまい、一休みするための煙草につける火もなくなってしまった。

それでは代わりにと火打石をとりだして石を打ったが、どうしても火がでなかった。



あとで思い返すと、これこそは怪しいことであった。

そうしたところに、飛脚らしいようすの二人連れが、飛脚提灯に灯をともしてやって来た。

主人は黒羽織姿、下男は紺色の着物を着ていた。下男が先に行ったので、これに追いついて煙草の火を借りようとして、思わず知らずについて行ったのだが、三人ともみな油断しているように感じた。



吉兵衛は普段から落ち着いたものであったので、気を引き締めてようすを探ってみると、提灯の灯も飛脚もどちらも怪しいと思った。


どう考えても飛脚がこのような山奥を通るわけがない、ひょっとして狐の仕業ではないかと考えた。主人の方はいかにもよく化けていて、笠のかぶり方、羽織の着方といい人間のように見えたが、下男はけっして人間のようにはみえず、よくみると、時々大きなしっぽが、ひょろひょろと見えるではないか。



それをみて矢尾屋某の下男たち三人は思わず吹き出して、なんとなさけない化けようだ、飛脚の下男のしっぽはみえるし、足も獣のようだと笑った。

すると主人は驚いたようすで下男をしかりつけたようにみえた。

そして飛脚とみえた二人は、低くかがんで低くかがんで、中代繩手を走って逃げ去った。



三人は、あれこそがかねてから聞いていた中代狐だ、どうも聞いていたのとは違って下手な化けようだ、打ち殺してしまえと追いかけたが、どこかへ逃げ去ってしまい、草に隠れてみえなくなってしまった。



提灯にみえたものは捨て去っていったが、それが捨てられた場所には白い光がうっすらと草むらに残っていた。それが何であれ、もって帰れば面白い見世物になるかもしれないなどと、三人は話あっていた。



この後、中代繩手の狐たちは、人をだますことをやめてしまった。

狐でさえも、化けそこなったことを深く恥じているのだろうと、人々は思った。



それに引きかえ人間たちは、誰もが例外なく、計略が発覚しうそが露見しても、なお厚かましくも世を渡っていくものである。この野狐ほどには恥を知ってもらいたいものだ。








以上が「中代の若狐」である。

ウソがばれて去っていった野狐を潔いものとし、それに引きかえ人間は恥知らずだと、当時の藩政を批判するのである。

コメント