現代語訳『三州奇談』 その12「鞍岳の墜棺」

堀麦水の『三州奇談』は、近世中期に成立した加越能の奇談集である。
今回はその12「鞍岳の墜棺」(巻之三)の現代語訳である。




 
「訳」
 鞍岳は金沢城下の南西に位置しており、高尾山と峰続きである。近郷の高山は霊妙不思議な山であり、鞍岳山頂には真夏でも枯れない池があって、水は炎天でも涸れることはない。
その付近の池には山彦の怪があり、蓴菜(ジュンサイ)の名所で、夏には訪れる人が大勢いる。

昔、富樫政親が野々市の館を離れ高尾城に籠り、一向一揆と相対し知恵と勇気を奮ったが、多勢に無勢であった。遂に政親は詰の丸の鞍岳山上に逃れ、敵である洲崎和泉入道慶覚の家臣水巻小助と馬上のまま組合い、両馬ともこの池に沈んでしまった。

その後この池には、朱塗りの鞍が時々浮かんでくる。これは池の主だといって、人は恐れて無図に入らない。
この池と鶴来村の金剣宮・砥の池は底で水が通じており、糠を蒔いてみると数里の山谷離れているのに、かならず浮かび出るという。


まことに山上の古池は目の前に見ただけでも恐ろしげだが、金沢の男伊達で水に入る者があった。しかしながら水底をきわめて帰る者がなかったが、山王屋市郎左衛門という者がしっかり底を探すと、折懸灯篭に灯をともしてあるのをみつけた。池の底に灯があるわけはないと不審に思って帰ったが、間もなく家で亡くなったという。


元文の頃金沢に広瀬何某という鷹匠がいた。同輩四五人を誘ってこの辺りに来たが、六月の夕立雲がこの山を覆い、ほんの近くでも闇夜のようで、雨は盆をひっくり返したように降り出したので、

一本の古木の根本で晴れるのを待っていた。
すると黒雲の中に、一塊の風の筋があり、りゅうと響いたが、何かはわからないが、この池にどうと落ちるものがあった。しばらくして雨が上がったので、今響いた音を不審に思い池をみると、新しい棺桶がひとつ浮かんでいたので、岸に引き寄せ開けてみたが死骸はなかった。

それにしてもどういうことであったのかと、甲斐もなく面白味もつきて金沢に帰ったが、広岡町の竹屋次郎兵衛という者が、その日屋根を葺いていたが、ここでもその頃、暗い雲が通って行ったが、振り仰いだところ裸体の男が一人、引き提げられたように、

雲の中を叫んで行ったのを見たという。これらは同じ時間帯であった。火車の出現を目の当たりにしたようだ。鞍岳の山続きの医王山の池でも、いつかの昔に、このような怪異があったという。



それゆえ中院僧都はすこしの執念があったため死んで魔道に堕ち、慶圓大徳に会って問答して、この大徳の力を崇め敬ったので、大徳は「貴僧は魔界に堕ちて何を生業とするか」と聞いた。
僧都は答えて、わが仲間数千人はひたすら人の臨終を窺って、変異によって災害をあたえる。

しかも碩師宿徳の人でも、少しでも慢心があれば、とりわけおとしいれやすいというではないか。まったくすこしの慢心でも恐れるのが当然だ。

ましてや英雄が目的を遂げられず無念の死をむかえたとき、魔魅に堕ちて心残りの魂により不思議をなすこともまた、いぶかるべきではない。


 


以上「鞍岳の墜棺」の現代語訳である。

ここには伝承がふたつあり、ひとつは恐ろしい鞍岳山上の古池の底を、みるなとの禁忌を破った男が亡くなった話である。
もうひとつは鞍岳山上の池に浮かんだ棺桶をめぐる怪異である。ここでは、いわゆる魔道を語っている。

コメント