金沢の江戸町



金沢の江戸町



 6月始めの百万石まつりのころは、金沢城の石川門と兼六園の間にある百間掘、ここは今は道路になっているが、その周辺のツツジが盛りのころである。祭りの前には入念な手入れをするので、石垣の合間にある花はひときわ映える。

 この道路を挟んで石川門に向かい合う兼六園側には、いかにも観光名所らしい風情がある茶店が10軒ほど並んで、赤い旗などを立てて客を呼びこんでいる。店の前の床几に腰かけ、兼六園を背にして石川門を眺めながらお茶を一服というのはなかなかである。

 この茶屋があるところは、江戸時代(藩政期)には、江戸町といわれたところだった。

 江戸町というのは、慶長六年(一六〇一)徳川二代将軍秀忠の娘・珠姫が加賀藩の三代藩主・前田利常に輿入れしたのだが、その際、江戸から数百人の供があり、それらの人々が石川門の外に江戸町という長屋を建てたところである。

 さすがに将軍の娘が嫁入りして、金沢には新しい町がひとつ誕生したのである。
金沢郊外の野田山には藩主前田家の墓地があるが、代々の藩主より珠姫の墓所のほうが立派にみえる。

 珠姫は人気者で、百万石まつりの時には、金沢市内の幼稚園児の中から珠姫役が選ばれる。珠姫の遊び相手という役まであるのが面白い。

 この江戸町も人々の間では忘れられがちになっていたが、茶店を改修する際に、発掘調査をして確認されたのである。

 現在はここを江戸町と呼ぶことはあまりなく、金沢の忘れられた歴史のひとつとなっている。


コメント