奇談の犬たち 「家狗の霊妙」(『三州奇談』) その5 太平記の犬たち


「家狗の霊妙」(『三州奇談』) その5 太平記の犬たち


 今回は寛永の頃(一六二四~四三)、金沢城下・田町に飼われていた黒犬の話である。この黒犬は力が強く、狼が町に入りこんだときにこれと戦ったが、狼の数が多かったので、最後には死んだという話である。人々の恐怖のなか、黒犬は勇敢に狼と戦い、その勇敢さが語り伝えられたのである。

 金沢の田町というのは、現在の天神町二丁目・暁町・桜町であり、田町新道があった。寛文五年(一六六五)金沢城下町続き百姓地の城下への繰込みが行われた際、田井組村々の三九三軒が対象となっており(「改作所旧記」)、当町の町立てもこの頃になされたものと考えられる(『日本歴史地名大系』)。
奇談は寛永の頃の話とするので、もしそうなら田町の町立て以前のことになる。


 そのころ狼が人家近くに出ていたのである。『加賀藩史料』には 狼の記事は十件あり、十七世紀中頃が初めてで、十八世紀前半に集中している。藩政期には城下周辺に狼が出没した。

『三州奇談』巻之四「伝燈の高麗狗」にも、狼と狛犬が戦った話がある。元禄期に狼がでて村人が困っていたとき、暗闇のなか寺の狛犬が二匹の白犬となって狼と噛みあった。

 朝、鎮守堂をみると狛犬の口のまわりに血がついており、この狛犬が狼を退治したのだということがわかった。この狛犬は本尊と同じ木で造られたもので、霊験があらたかであり、その狛犬が身代りとなり戦ったのだ。あるいはこの伝承は、実際に飼い犬が狼と戦った話の記憶かも知れない。

 ここには、田町の黒犬はまことによく戦った、かの畑六郎右衛門の犬獅子といえども遠く及ばないという部分がある。六郎右衛門は六郎左衛門時能のことで、『太平記』巻第二十二の「畑六郎左衛門の事」にある南北朝時代の話である。

 時能は新田義貞が敗北した後、越前諸城の南朝方でただ一人生き残った武将である。時能が居城したのは鷹巣城(福井県高須町)だが、最後にそこに立て籠っていたのはわずか二十七人であった。武芸全般にすぐれていた時能の身近にいたのは、『太平記』によると、乱暴者の僧・大夫房快舜、大力の中間・悪八郎、そして犬獅子という名の不思議な犬であった。

 犬獅子は敵の城に入りこんで中のようすを探り、主人に知らせたのである。そして犬が案内して三人一緒に城内に入り、縦横無尽に斬りまわり、城を落した。戦前、武勇談のひとつとしてよく語られた。

 ここでは犬獅子といえども田町の黒犬には及ばないといっている。犬獅子は戦った形跡はないが、田町の黒犬はみずから戦闘した。ここは誰でも知っている犬獅子と比較し、褒めたたえたのである。

 田町の黒犬は手紙を運んだともあり、伝令犬の性格ももっている。この点ではスパイ犬の犬獅子と似ている。

「奇談の犬たち」、つぎは最終回で唐犬がでてくる。





コメント