奇談の犬たち 「家狗の霊妙」(『三州奇談』) その6 唐犬


奇談の犬たち 「家狗の霊妙」(『三州奇談』) その6 唐犬


「家狗の霊妙」のおしまいは唐犬と幼児の話である。寛文(166172)の頃、利常が猟をするための唐犬が逃げだし、子供がいるところに行ったので、人々は噛みつかないかと心配した。ところが唐犬は尾を振り子供の脇に座ったので、一同ホッとしたという話である。

 唐犬とは、近世初期に渡来した舶来犬の一種である。非常に大型で、力の強い犬であり、主として大名に飼われた。当時いた日本の犬より幾回りも大きい犬種で、係の犬引きがついていた。

 唐犬は貴重な犬であった。享保十七年(一七三二)十二月六日、加賀藩六代藩主前田吉徳は幕府から唐犬を受けとっている。

 「右は公方様御飼犬之所、とつぎ不申候。こなた様には犬御数寄之由に候。
  御家来之内に懸様存候者も可有候者も可有之候間、子出生候はば可指上意
  之由に而如此也。今日御作事方御門より引而参り、裏御式台に而、三十人
  頭手合之者に聞番立合為請取候」(「護国公年譜」)

 このように述べており、幕府から受けとる唐犬だけに、ものものしい様子が伝わってくる。


 この唐犬の記事から三日後の1219日の「政隣記」には、「徳川吉宗放鷹によつて獲たる鶴を前田吉徳に贈る」の記事がみえる。御鷹の鶴御拝領であり将軍と大名の間にあっては、贈答が広くおこなわれた。唐犬がこうした贈答の対象になっていたということは、希少で貴重な動物であったからであろう。

 さて唐犬は暴走したが、幼児の前に出ると尾を振っておとなしくなった。犬と小児の民俗をみると、中国では天狗などと称し子供さらいの悪霊がいると信じられていたので、両親は子供の産毛と犬の毛を混ぜた毛玉をつくり、産毛に縫いつけ悪魔よけとしたという。
 また赤ん坊には動物の名をつけたり、「狗圏」という銀色の輪や帯を頭につけ、この子は犬の子で、人間の子ではないと、悪霊を勘違いさせる工夫を行った(『世界大博物誌図鑑』)。


 日本ではお産の軽い犬にあやかり、妊娠五か月の戌の日に岩田帯をつける風習があった。また小児の額に犬という文字を書く風習が古くからあり、広く魔界のものを撃退する力を期待された。さらに幼児が初めて外出する時は、額に紅や墨で犬の字を書いて魔除けとした(『精選日本民俗辞典』二〇〇六)。

 このように犬と小児の間では、犬が小児の魔除けとなり、その成長を願う両親の気持ちが、さまざまな形で表わされている。これは獰猛な唐犬と弱者である幼児を対比させ、襲われそうにみえた幼児が、逆に守られた話である。その根底には小児を守るという、犬の幅広い民俗があったのである。


「家狗の霊妙」は犬の不思議を語る四話であった。
まとめると
①喜兵衛の白犬は、忠犬であり、さらに山崩れを予知した霊犬であった。
②粟生の白犬は恩返しとして、危険な場所で付き添い、人の無事を守る導き犬である。
③田町の黒犬は狼と戦った忠犬であり、通信犬でもあった。
④大豆田の凶暴な唐犬は、幼児を現世と魔界の禍事から守る霊犬であった。

 このように犬にはさまざまな側面がある。犬は、「いつも律義で、化けたりした記録も見当たらない」(『日本史大辞典』)と、犬は奇談と無縁であるかのようだが、犬は人間界と異界を往来する境界性があり、さらに霊力を発揮して、多様な場面で奇談に登場してくるのである。


『三州奇談』のこの直前の話「異類守信」は、狐・蜈蚣・蝙蝠が人間との約束を守る話だが、本話は人間に一番近い犬の話である。
「異類守信」と「家狗の霊妙」、この二つの動物と人間の交流を描いた奇談を対比して読むと一層興味深いものがある。


「家狗の霊妙」は、人のまわりにいる犬の行動に関わる伝承であった。犬は奇談の世界でも意外にやるではないかと思う。

 奇談の犬についてはこの6回目をもって終了とする。



コメント